花粉症の鼻水を止めるにはどうしたらいいの!?自宅で自宅外で!

花粉症の辛い症状のひとつ、鼻水。くしゃみが出るのも困るけれど・・・鼻水が止まらないのはもっと困る!特に女性の場合は、お化粧も取れてしまうし・・・鼻にティッシュを詰めておく訳にもいきません。

今回は、そんな辛い鼻水を止める方法についていくつかお話していきたいと思います。

花粉症だと鼻水が出て止まらない理由とは

花粉症の辛い症状のひとつ、鼻水。花粉症だから・・・と言っても、どうして鼻水がたくさん出て止まらないのでしょうか。その理由、考えたことありましたか?

花粉症の鼻水の原因は、吸入して体内に入ったアレルゲン(花粉)を体の外に追い出そうとして鼻水が出るのです。つまり、体が必死にアレルゲン(花粉)を追い出そうと頑張っているのです。じゃあ、鼻水を止めるのは諦めるべきなの・・・?と思いますが、いくつか方法があります。

花粉症による鼻水を止める方法☆家の外でもこれならOK

家の中で鼻水が止まらないのであれば、正直なんとかなります!でも、出先や仕事場で止まらないのは困りますよね。手軽に出来る方法をいくつかご紹介します。

1つ目で必要なものは水だけ。スプーン1杯ほどのほんの少しの水を口に含みます。そのまますぐに飲みこまず、口に水を含んだままで耐えます。

水を含んでいると、唾液が出てきますがそのままで。鼻の通りがよくなったと思ったら、口の水を飲みこみます。たったこれだけ!どこでも出来る手軽さがいいところです。

この方法は、注意点がひとつ。すごく効果がありますが、元々鼻が弱い人の場合・・・後鼻漏(こうびろう)という病気になる可能性が高いです。

この病気は、鼻水が鼻ではなく喉に流れ込んでしまい・・・気管支炎や食道炎などの病気になってしまうそうです。ちょっと心配・・・と思う方は、他の方法を試してみてくださいね。

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

2つ目は、鼻のツボ刺激。小鼻の両脇に迎香(げいこう)というツボがあります。位置を説明すると、目頭からそのまま鼻に下がっていくと、凹んでいる場所があります。そこが迎香です。

このツボを人差し指でゆっくりと押します。5秒くらい押して離して・・・と繰り返すことで、鼻水が止まらない時はもちろん・・・鼻づまりなど鼻の全般のトラブルに効きます。

3つ目は、市販のクリームを使う事。鼻の中にアレルゲン(花粉)が入らないように、鼻の周りにクリームを塗ります。市販の花粉ブロックに効果があるクリームやジェルはもちろん、ワセリンでも代用可能です。今は、様々な香りつきのものもあるのでお好みのものを試してみてはいかがでしょうか。

花粉症の鼻水を止める方法☆家の中でのオススメはコレ!

次に家の中でのんびりと行う、鼻水を止める方法です。家の中の場合、鼻水は止めたいけれど・・・少し時間や手間がかかっても大丈夫ですよね。

1つ目は鼻うがい。鼻水が止まらないのは、アレルゲン(花粉)が鼻に残っているのが原因です。そのため、綺麗に洗い流してしまいましょう。市販の鼻うがいのキットがたくさん発売されています。

お水を使うとつーんとしてとても痛いです。しかし、ぬるま湯に専用の粉を溶かして使用するとつーんとすることなく、鼻がすっきりしますよ。

鼻から入れて、声を出しながら口から水を吐き出す。慣れるまで違和感がありますが、すっきりするので癖になると思います。

2つ目は、蒸しタオルを使います。タオルを水で濡らし、絞ります。500wのレンジで1分ほど温めると、蒸しタオルが出来ます。タオルを広げて少しタオルを冷ましたら、鼻の上にかぶせます。

鼻が冷えていると、鼻水も出やすくなります。温めることで、鼻の血管が広がり・・・鼻水が止まります。一見関係ないと思われますが、首元(首やうなじ)も一緒にタオルで温めるとより効果を実感できますよ。

大事なことは、出来る限りアレルゲン(花粉)を体に入れないこと。そして、もし体内に入った時は早く洗い流してしまうことですよ。

まとめ

今から辛くなる花粉症シーズン。自宅でも自宅外でも対策をして何とか乗り切りたいですよね。止まらない鼻水にお悩みの方!ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加